自由度の高い注文住宅だからこそ生じ得るデメリットに言及した住宅情報サイト

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリット

注文住宅の最大のメリットとして、その自由度の高さが挙げられ、間取りや設備はもちろんのこと、細部に至るまで要望や希望を反映できることは、他の建築方法には見られない注文住宅ならではの強みであり、戸建て住宅に自分の城のような意識を持つ方なら、注文住宅は魅力的なはずです。

また、物件の完成した状態しか確認できない建売住宅や分譲一戸建て住宅とは違い、注文住宅は建築過程から確認できるため、設計を設計事務所やデザイン事務所に依頼している場合、建設業者との所縁が薄い設計事務所やデザイン事務所による工事の監督が見込めるので、あらかじめ一戸建て住宅の建築の要点だけでも調べておけば、自らの目で確認することで欠陥工事や手抜き工事といった人災の抑止を測れるかも知れません。

注文住宅のデメリット

注文住宅最大のデメリットは、注文住宅最大のメリットと同じく、その自由度の高さに他ならず、注文住宅の最も魅力的な面である自由度の高さも、住宅に対し求めるものこそあれ、一から十まで自分で監修する程にこだわりがあることの方が稀であり、フルオーダーの注文住宅だと、却ってその自由を持て余してしまうというのも珍しい話ではありません。

加えて、注文住宅になると、ベースとなるモデルハウスがないため、実際の住宅のイメージを掴みにくくなってしまうこともデメリットとなりますので、建築の基礎知識と共に、情熱を注ぐだけの時間と十分な資金が用意できる場合にしか、フルオーダーの注文住宅はお勧めできませんが、様々な決定に対し、ある程度のフォローが見込めるセミオーダーの注文住宅を選ぶという手もあります。


この記事をシェアする