自由度の高い注文住宅だからこそ生じ得るデメリットに言及した住宅情報サイト

注文住宅の基本的な特色

自由度の高さが売りの注文住宅

注文住宅という住宅の建て方は、住宅を建てる際のスタンダートとは言い難いものがありますが、建売住宅や分譲一戸建て住宅があらかじめ用意されたテンプレートの中から選択して組み合わせるのに対し、注文住宅のセミオーダーなら選択の幅を広げることができますし、フルオーダーなら選択肢を選ぶのではなく、一切を自ら決めることができます。

戸建て住宅の購入におけるスタンダートは、建売住宅や分譲住宅ですが、一般的な戸建て住宅へのイメージである、自分ないし配偶者や子どもの意見や理想を追求した一戸建て住宅のイメージからはかけ離れており、セミオーダーかフルオーダーかによって自由度は格段に変わるものの、個人の意向を強く反映させやすいのは注文住宅ではないでしょうか。

注文住宅と建売りは根本的に異なる

建売住宅と分譲一戸建て住宅が業界的にも実質的にも、ほぼ同じようなものである一方、注文住宅は根本的に建売住宅及び分譲一戸建て住宅とは異なっており、建売住宅ないし分譲一戸建て住宅が土地と不動産をセット販売して、一部既存のテンプレートを選択するのに対し、フルオーダーの注文住宅の場合には、土地の購入から設計図まで自ら用意することになることから、建売住宅や分譲一戸建て住宅と注文住宅は根本的に異なるものと言えるでしょう。

なお、フルオーダーの注文住宅は自由度が高すぎることから、そこまで自由度を求めていない場合、セミオーダーの注文住宅や一定の選択が可能な建売住宅及び分譲一戸建て住宅の方が適している場合もありますので、ご留意ください。


この記事をシェアする