自由度の高い注文住宅だからこそ生じ得るデメリットに言及した住宅情報サイト

注文住宅を建てた後に判明し得るデメリット

住宅を購入するスタンダートな方法

住宅の購入について考えるなら、戸建てか分譲住宅であるかは大きな違いになりますので、あらかじめ明言しておきますが、本項における住宅購入は戸建てを前提としたものであり、マンションやアパートのような分譲住宅を念頭に置いたものではありません。

戸建ての住宅を購入する場合、一般的な購入方法としては、建売住宅や分譲一戸建て住宅が挙げられ、どちらも土地と住宅のセット販売である点は共通していますが、建売住宅は一つ区画に一軒であるのに対し、分譲一戸建ては分割された区画に一軒という形を取ります。

両者共に土地と住宅をまとめて購入するという意味において同義であるため、建売住宅と分譲一戸建て住宅が混同されることは珍しくないことです。

建売りと分譲一戸建ての違い

既に述べた通りに、土地と一戸建て住宅をまとめて購入するという点において、建売住宅と分譲一戸建て住宅はほぼ同義であり、業界内でもしばしば混同されていますが、両者はほぼ同義であっても、あくまで別物であるため、完全に同一のものであるとは見做せず、実際、業界内においても混同されながらも両者が混在しているのです。

もっとも、両者の違いについては混同したところで不利益が生じるわけでも混乱が生じるわけでもないため、どちらで呼称するかは取り扱う不動産会社に委任されており、不動産会社では内容の差異ではなく、取り扱う業者の規模で建売住宅と分譲一戸建て住宅に分類するのが一般的で、中小の業者が扱う場合には建売住宅の呼称が用いられ、大規模な業者が扱う場合には分譲一戸建てが用いられています。


この記事をシェアする